読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デパ地下販売員の正直しんどい

大阪の某和菓子屋で働いています。お店でのアレコレ☆日々のアレコレ

筆のココロエ

f:id:mayumil:20130728221926j:plain

字を書くのが嫌いです。


百貨店には、筆耕師という、
のしの宛名を書く専門の人がいます。

それはそれは素晴らしい、芸術的な文字。
さすがプロです。

和菓子は進物に使われる事が多く、
進物にのしは付き物なので、
名入れを頼まれるのはしょっちゅう。
会社名を入れる場合もあるので、
文字のバランスなど色々なパターンがあります。

百貨店によっては筆耕師しか文字を書いてはいけない所もありますが、うちの百貨店は店長判断で一従業員が書いてもいいことになっています。

うちのお店でのしが書けるのは
店長ともう一人の先輩。

筆耕師さん(別部屋)の所に走って行かなくていいので、お客様を待たせないで済むし、助かります。

私も書けたらいいのだけど
何せクセ字だし汚いし字書くの嫌いだし。。。

って逃げてたんですけども。

最近店長の「そろそろ、のしの宛名を自分で書けるようになってね^^」オーラが半端ない。

ソウデスヨネー
ソロソロデスヨネー

うだうだしてても仕方ないので
道教室に習いに行くことにしました。

最近の書道教室というのはコースが細分化されていて、私のように、のしの宛名を書けるようになりたいというピンポイントなケースでも、合致するコースがあるのです。便利ですねぇ。

しかし習い事なんて何年ぶりやろ。。。

数年前に行ってた英会話以来やな。

英会話の時は「話せたらいいなぁ~」位の割とのんびりモードで通ってたけど、今回の書道は必ず書けるようにならないといけないでござる。


OH! プレッシャー!