読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デパ地下販売員の正直しんどい

大阪の某和菓子屋で働いています。お店でのアレコレ☆日々のアレコレ

顔も知らない相手と10年間遊ぶということ

オンラインゲームの醍醐味かな、と思う。

 

FF11というオンラインゲームを約10年間プレイしています。

キャラを通じての他人とのやり取り。

2次元の世界だから、現実とは違う別世界を生きる。

大げさな話ではなく、キャラを動かすのは生身の人間なので、

性格が合わなかったり、意気投合したりもするわけです。

 

そんな中、気の合う人達とグループを作って、色々な事をする。

ミッションとかクエストとか、ただのお喋りとか。

私の属していたグループは割と大人な感じだったので、

和を乱すような言動を取る人はあまりおらず、居心地が良かった。

 

「女性です」「男性です」と言ってても、

実は違ってたりするかもしれないし、

社会人とか学生とか、身分も全然違うかもしれない。

でもそれは、そんな事気にならないっていうか、

完全にゲームの中での人間関係を楽しむ、というか。

 

うーん、上手く言えないけど。。。

 

オフ会とかして、完全にリアルでの関係にしてしまうグループもありますが、

ウチのグループは皆照れ屋さんなのかw オフ会の話は一度も出たことがないw

でも楽しく皆でプレイしてた。

 

でも人には色々事情があって、

引退(ゲームを止める事)して行く人、逆に新しく入ってくる人、

10年の間に結構メンバーの入れ替わりがあった。

 

引退まで行かなくても、仕事や家庭の事情であまりログイン出来ない人もいたし、

半年ほど消えてて、また復活した人もいた。

私も今の仕事についてから休みが不規則になったので、

昔みたいに週末にまとめてプレイするという事も出来なくなり、

今はたま~にログインする程度。

 

それでも、今だにずーーーーっと、引退せずにプレイしてる。

 

10年間というのは長いもので、顔も知らない相手達とのやりとりが、

普通に絆に感じてたりするんです。

尊敬出来る人や、面白い人、話がしたいと思える人、がいるから。

 

どこかで繋がっている、という安心感。

失くしたくない、と思っている関係性。

 

月に数回、ヘタしたら数か月に1回、ログインするかしないか、

な状態だけど、私はまだ続けていくんだろうなぁ。

 

と、思って相変わらずの日々を過ごしていたら。

 

初期メンバーの一人が、グループで作っているホムペに

引退する旨の日記を載せていて。しかも日付見たら去年の10月。

 

よ、4ヶ月も経っちゃってるし! 最近見かけないと思ったら!

 

やっぱりショックだった。

この人も忙しい人で、なかなか一緒のタイミングでログイン出来なかったから、

ホムペの日記に載せといてくれたんだろうなぁと思って。

 

あぁ、引退しちゃったのかぁ 。゚(PД`q。)゚。

ごめんね、気づくのが(半端なく)遅くて 。・゚・(ノД`)・゚・。

 

すごいヘコんだんだけど、引退日記の最後、追伸にこんな言葉が。

 

『 FF14の〇〇サーバーで〇〇というキャラでプレイしてます。

    よかったら遊びに来てね! 』

 

FF14に移行したんかーーーーーーい (ノ・◇・)ノ 彡 ┻━┻

 

私はまだしばらくFF11やってるけど、FF14をやる事になったら、

絶対遊びに行ってやる。

 

そして、直接言ってくれなかった嫌味のおコゴトと、

 

最後の言葉にどれだけ救われたかを、伝えたい。

 

繋がる糸口を、残しておいてくれてありがとう、と。

 

 

現実的な話。

FF14やるとなったら、パソコン買い換えなきゃだけどな!